アーティストが輝くには照明と音響も必要

アーティストのライブによく行くのですが、ライブに欠かせない効果といえば照明や音響です。これら二つはライブを盛り上げる上でなくてはならないものです。ライブの中でも浜松のホールの照明や音響は印象的でした。
ライブではたくさんの曲が歌われたり演奏されたりします。一組のアーティストでもアップテンポ曲からバラード曲まで持っているグループは少なくありません。もし曲調が一曲ごと異なるのに、照明や音響が同じだったら違和感がありますよね。そのため曲ごとに照明の色や音を調節する作業が求められます。
どうしてもライブはアーティストが作り上げているものと思ってしまうのですが、照明さんや音響さんがいてこそのライブなのだと再認識しました。後ろで頑張っている人達がいるからこそ、ライブが成立しているのだなと思います。
それに、曲によってはコーラスが入ったりと、ボーカルの声との調節も必要になるので、音響さんは気が抜けないなと感じました。もちろん照明さんも同じくらい大変で、明るい曲では暖色系の色を使用したり、アーティストの姿がよく見えるように光度を調節したりもするので、頭が下がる思いです。
大好きなアーティストが輝く舞台で堂々と歌っている姿を見れるのも、このようにバックで丁寧に働いている人達がいるからなのですね。ライブ会場を盛り上げている陰の苦労人には、是非尊敬の念を示したいです。