大きな音が苦手なようです。

コンサートや演劇の観劇は、たまに足を運びます。
自分自身、音に敏感なようです。周りから「耳がいいね」とよくいわれます。
そのせいかもしれませんが、コンサートで席にもよるのですが前の方の席だと
音量が高くうるさく感じてしまいます。本来ならば、前の席の方ですと臨場感を
味わえると思いますよね。それが私の場合は、音響がうるさく感じ心臓の方にまで影響してしまうのです。そしてドクンとし呼吸がうまくできなくなり、過呼吸に陥ることがあります。
だからうるさく感じるときは、耳をふさいだり片方だけ耳栓をしたりしてます。

あと照明に関しても、似たようなことがあります。真っ暗だったりチカチカしたようなに照明の色が
次々とかわるのが苦手なようです。それでも目をつむっていれば、まだ平気です。だから音響よりは大丈夫のようです。こういった症状になってしまいますが、演劇などでスト-リーのシーンにより照明の色が変わると、こだわって作品を作っているんだなと感じますね。

PCオーディオの音質向上

PCオーディオに必要な機器をそろえたら、あとは音質を出来るだけ上げるための細かな作業をします。
オーディオが濁りのない澄んだ音を奏でるうえでの一番の大敵は、電気系統に発生するノイズであり、ノイズ対策を一つ一つすることが音質の改善に一歩一歩役立っていきます。
まず、コンセントから電源をとる電源タップはノイズフィルタータイプのものにし、タコ足配線をやめるようにします。また、PCとUSBアンプ、USBアンプとヘッドホンやスピーカーの間は、USBケーブルなどの専用ケーブルがそれぞれつながっています。これらのケーブルを通常品ではなく、ノイズ対策されたものにすると、格段に音質は良くなります。また、電気機器はかすかな物理的な振動にも弱く、音質に影響するので、インシュレーターをはさむなどして振動対策をしましょう。
さらに、ソフトウェアは再生プレイヤーだけでなく、イコライザーも利用すると、音量・音質ともに一段も二段もアップします。